ダイエット水泳 ”第13泳目”

投稿者: | 2017年9月24日

30代 事務的サラリーマンのおすすめダイエット、週末水泳のトライアル記

  • 体重の変化

    • 実施前 1ヶ月目(月平均)  2ヶ月目(月平均)  3ヶ月目(週平均)
    •   77.1                 76.0                  76.1       75.5
  • 体脂肪率の変化

    • 実施前 1ヶ月目(月平均)  2ヶ月目(月平均)  3ヶ月目(週平均)
    •  26.3                 24.9                        24.9        25.0
  • 本日のメニュー 平泳ぎ2,000m

    • 25メートルの40往復(2,000m) × 1回 平泳ぎ

初めての2,000m連続、制覇

やればできるものですね、40往復連続平泳ぎ。

とりあえず20往復で一旦休憩しようと思っていたのですが、「このまま続けて泳いだらどこまでいけるのかな?」と疑問に思いまして、行けるところまで行ってみようかなと。

23往復目で水を飲んでしまって咽せてしまって息を整えるために立ち止まってしまいましたが、休憩することなくそのまま続行。
水を飲むってことは呼吸が上手くできていなくて、首も水面からきちんと上がっていなかったのだと思います。
安定して泳ぎ切ったわけでは無いですね。

後半はなかなか体が前に進まなくなり、スイミングスクールに通っていた頃の練習が記憶に蘇りました。そういえばあの頃は体の限界を超えるように練習していました。

なんとか2,000m泳ぎ切ったわけですけど、水から上がるとすごい疲労感です。連続40往復は連続20往復X2セットとは体にかかる負担が倍ほどの感覚。

特に帰りの車の中ですごい感覚がきました、「腹筋が熱い!」。表現が難しいですが、ホッカイロを腹筋に貼り付けている感じです。

全身も非常にダルいし腹筋以外にも筋肉が熱くなっていました。これは初めての感覚です。

今後の泳ぎ方

体に掛かる負担と筋肉の熱の持ち方からすると、できるだけ長時間・長距離を連続で泳いだ方が効果が大きそうです。ただ注意すべきなのは自分の体力。思わず水を飲んでしまうようだと少し距離を抑えたほうがいいかもしれません。

今日の感覚だと、現時点の自分には40往復を通しで行きたいところですが、安定して泳ぎきるには体力が少し足りない感じです。

10往復で準備運動、その後30往復連続、ぐらいで連続距離を伸ばした方が良さそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です