Macの外部メディアのマウントとアンマウント

投稿者: | 2017年9月17日

WindowsからMacへの転向記

WindowsからMacへの転向で、Mac初心者として気になったところをご紹介

マウント

SDカードを挿入する例を通して紹介します。まずはマウントから。

SDカードを接続すると、デスクトップ画面右上にアイコンが出てくる

 

アイコンを開くと、SDカード内のファイルを扱える

アンマウント

SDカードのアイコン上で 右クリック > ”外部メディア名” を取り出す をクリック

アイコンが半透明状態になる(注意!)

まだアンマウント処理中なので、SDは抜かない

完全にアイコンが消えたら、
SDカードを抜く

以上です。

今回はSDカードの例ですがUSBメモリでも操作は同じです。

まとめ

Windowsの場合、下記の1、2のような特徴があります。

  1. マウントがエクスプローラーやインジケータに表示されるが小さい
  2. ポップアップで外部メディアのメニューやフォルダが勝手に開く

Macだと「マウント状態がデスクトップ上にはっきり表示される」ので

  1. マウント状態が一目で分かる
  2. ポップアップがない(開きたいタイミングで自分で開く)

非常にシンプルで分かりやすいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です