Progate WEB系転職 スキルアップ プログラミング ホームページ制作・WordPress

【勉強ノート】Progate② Java学習コースⅠ(無料コース)学習で、できる事、調べた事 まとめ

異業種からITエンジニア、ブロガー転換を目指す40歳おじさんの勉強ノート。

スキル書き溜めとして、簡潔まとめ。

レッスン内容

Javaの基本

 Javaに触れてみよう

 Javaの基本・文字列

 数値

 数値の計算

 文字列の連結

変数を使ってみよう

 変数の定義

 変数を使ってみよう

 変数の更新

 自己代入

 自己代入の省略

 変数の役割と注意点

 少数を使おう

型変換

 自動型変換

 強制型変換

総合課題

 課題に挑戦しよう

Progate Java学習コースⅠ より

身につくスキル(これが出来る)

  • クラス部分、メソッド部分、処理部分はどこか
  • データ型の違い、基礎を理解
  • 型変換の必要性を理解
  • 文字列や計算結果を出力できる

勉強になったこと

① クラス部分、メソッド部分、処理部分はどこか

// クラス部分
class Main{
  
  // メソッド部分
  public static void main(String[] args) {

    // 処理部分
    System.out.println("Hello World!");

  }
}

② データ型の違い

文字列型String型S は大文字
整数型int型i は小文字(integerの略字)
小数点型double型d は小文字

③自己代入の省略表記

  • x += 10; ( -、*、/、% についても同様の表記)
  • x++;
  • x--;

④ 変数名

  • 2語以上の変数名を使う場合は、2語目の頭文字を大文字にする
  • (例)userName
  • この記述法をキャメルケースという

⑤ 型変換

⑤−1 自動型変換

String型とint型を「+」で足すと(連結すると)int型はString型に自動変換される。

ソースコードSystem.out.println("あなたは"+20+"歳です");
自動型変換"あなたは"+"20"+"歳です"
コンソール出力あなたは20歳です

int型とdouble型の計算、注意点。

int型とint型の計算計算結果に小数点が発生しても、計算結果は整数部のみ扱われる
int型とdouble型の計算計算結果は自動的にdouble型として扱われる

⑤−2 強制型変換

int number1 = 13;
int number2 = 4;
System.out.println((double)number1/number2);

// 整数型の場合、計算結果:3
// 強制型変換した場合、計算結果:3.25

勉強不足だと思ったこと、調べたこと

補足で調べたことは特になし。

無料の学習コースⅠを学んだだけではJavaの触り程度を学べるだけなようなで、有料コースに進んでいこう。

-Progate, WEB系転職, スキルアップ, プログラミング, ホームページ制作・WordPress

© 2020 中堅サラリーマン・コツコツ頑張るブログ