Progate WEB系転職 スキルアップ プログラミング ホームページ制作・WordPress

【勉強ノート】Progate① JavaScript 学習コースⅠ(無料コース)学習で、できる事、調べた事 まとめ

異業種からITエンジニア、ブロガー転換を目指す40歳おじさんの勉強ノート。

スキル書き溜めとして、簡潔まとめ。

レッスン内容

文字列と数値

 JavaScript(ES6)を学ぼう

 console.log()

 計算してみよう(1)、(2)

 文字列の連結

変数・定数

 変数とは

 変数の役割

 変数の値の更新(1)、(2)

 定数とは

 テンプレートリテラル

条件分岐

 if文

 真偽値と比較演算子(1)、(2)

 else

 else if

 複数の条件式

 switch文(1)、(2)

Progate JavaScript 学習コースⅠ より

身につくスキル(これが出来る)

  • 文字、数値をコンソールに出力
  • 変数、定数の定義と代入
  • 変数、定数の演算
  • if文、switch文による条件式の作成

勉強になったこと

① 変数の定義

  • 変数の定義:let 変数名;
  • 変数の中身が文字列でも数値でも「let」を使う

② 変数名

  • 英単語を使うこと
  • 2語以上の英単語は2語目の頭文字を大文字にする(例:userName)
  • 数字開始の英単語はエラーになる(例:1number)
  • ローマ字や漢字を変数にすることは好ましくない(例:namae、名前)

③ 定数の考え方

  • 定数として設定した後、値を更新できないのが定数
  • const で定義する

④ 比較演算子は3文字

  • a === b
  • a !== b

レッスン文法:復習用 例文

// 変数の定義
let name = "John";
let age = 18;
const password = "code001";

// 変数へ値を代入
name = "Kate":
age = age + 2;

// コンソールに出力
console.log(name);
console.log(name + "さんは" + age + "歳です");
console.log(`こんにちは、${name}さん`);

// else if 文
if ( age >= 20) {
     console.log("あなたは20歳以上です");
} else if ( age >= 10 ) {
     console.log("あなたはティーンネイジャーです");
} else {
     console.log("あなたの年齢は一桁代です");
}

// switch文 コロン、セミコロンに注意
const value = 5;

switch (value) {
     case = 1:
	     console.log("高評価です");
	     break;
     case = 2:
	     console.log("やや高い評価です");
	     break;
     case = 3:
	     console.log("普通の評価です");
	     break;
     default:
	     console.log("悪い評価です");
	     break;
}

勉強不足だと思ったこと、調べたこと

① 読み方

length :レングス

② 変数・定数の定義に関する略字

変数の定義letletを略さず使っている
定数の定義constconstantの略字

「定数の定義:const」は分かりやすいですが、「変数の定義:let」は英語の「let」がそのまま使われています。

数学で変数を定義する際に英語では「let」が使われていて、JavaScriptでもそのまま「let」が使われるようになったようですね。

-Progate, WEB系転職, スキルアップ, プログラミング, ホームページ制作・WordPress

© 2020 中堅サラリーマン・コツコツ頑張るブログ