【挑戦記録】40歳からのWEB系プログラミング

投稿者: | 2020年9月13日

40歳、製造業系サラリーマンが本業でアップアップしながらもIT業界転職に挑戦する記録です。

問題点1:40歳からの異業種転職は厳しい

自分が採用担当であれば40歳で業務未経験の人は採用しないかな。

特に若い方が中心に活躍されている職場に未経験40歳が入ってきたら皆さんやりづらいだろうし、

採用したとしても40歳のおじさんが見習いから初めて仕事を続けていけると思わないだろうし、若い人たちを超える成長性を見せるだろうかと思うでしょう。

採用担当としても、40歳で面接に来てくれた人にとっても転職せずに今の仕事をなんとか続けることを促してしまうのではないかと思う。

問題点2:転職活動に疲弊してしまう

運よく面接まで進めたとして

  • 「40歳、実務経験はありませんけど大学では情報系を学んでいました」
  • 「サラリーマン経験、製造業を運営するスキル、日々の困難なトラブルに対応できる人間力があります」
  • 「製造業系の資格は日々勉強して取得してきました」
  • 「どんどんスキルを伸ばしていくのでコーディングからでもやらせてください」

などとアピールしても厳しい一言を言われて終わりかな。

異業種で活躍してきた人を積極的に採用している企業さんがテレビで特集されていたり、確かにそういった企業さんはあるのだろうけど自分が巡り会うことができるのか?

巡り会うまでにどれほどの体力と精神力を消耗するのだろうかと。

今後の活動方針

悩みや不安に対して、考え方とやる事

スキルゼロで転職活動する労力をスキルアップに回した方がIT系の仕事をする1番の近道かと思います。

  • そもそも実務経験がないのだから
    IT系の仕事が自分にあっているのか分からない
  • 勉強しているだけでは意味がない
  • 対価はなくてもIT系の仕事を擬似的にはできる
  • 勉強しているだけでは意味がない

対価はなくてもIT系の仕事を擬似的にはできる。

運よく転職できたとしても、
「仕事としてやってみたらITは自分にあっていない」
なんてことになったら、そこまでの労力が無駄になりすぎます。

勉強ではなく仕事として捉えて活動して、それでも熱中し続けていられるか?

悩むなら、不安なら「行動すべし」

具体策

  1. 具体的に自分にできる事を証明する(成果物を作っていく)
  2. 自分にできる事を発信していく
  3. 自分が「この人(人たち)と一緒に仕事したいな」と思える人と出会う

この分野の仕事がしたい!という観点は確かにある、けれど

  • 一番重要なのは同じ意欲を持った人たちと仕事ができること
  • しがらみに振り回される時間を最小限にしてアウトプットにつながる時間を最大限にして仕事ができているか

これが仕事をしている上で1番の幸せなんだと思う。

仕事量が多くても逆境に立たされても、チームに不満がなければ乗り越えられる。

モチベーションと継続

勉強中と認識してしまうと積極性に欠けてしまう。

自分はITエンジニアなんだ」と認識してしまって、仕事の一環としてスキルアップや情報収集に取り組む。

スキルアップ:ドットインストールで気になった点

まずは無料レッスンを通じて

気になった点

  • レッスンのテンポが早くてどんどん進む
  • 基礎的な知識と扱った経験が無いとついていけるスピードじゃない
  • 初心者がいきなりやったら「???」ってなりそう
  • 少し巻き戻して見直したい時にシークバークリックで巻き戻せない
    • 説明内容は文字起こしされているので聞き直したい文字起こしをクリックしたらそこから動画を再開できる
    • キーボードの左右矢印で動画を進めたり、戻したりできる

良いと思った点

  • コーディングに便利なツールと使い方を教えてくれるから良い
  • 独学でこれを知らないとすごく遠回りする
  • 1レッスンの時間が短いので小刻みに勉強を進められて継続しやすい
  • レッスンのテンポは速いので
    • 動画だけを見てみる
    • 動画を見ながら自分もPC操作してみる
    • 復習する(見るだけor操作もする)

ドットインストール有料版に進むか、プロゲートに進むか

やりたいこと:LP模写

一番近道はどっちだろう。

自分のスキルレベルによる話だけど、動画と同じ操作だけしていても「作れるようになった」わけじゃ無い。

プロゲートのレッスンを見てみてどちらが実践的か、今日の午後はこれを見てみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です