中途社員が主任になって、初日を終えた

投稿者: | 2018年4月3日



初日を終えて、率直な感想

「心身ともに、上手に使わないとやっていけない」

初日を終えた体感をまとめると、こんな感じ

  • 昇進・主任任命という事で、紹介される事が多い(気恥ずかしい)
  • 周りの目や態度は確実に変わる(主任として見られる)
  • 自分も周囲も変化に馴染めずにギクシャク感がある
  • 発言する機会が増える
  • メールも増える(自分が宛先に追加される事が増えた)
  • 自然と自分の目線(意識)が高くなる
  • 相談される機会も増えるから自分の仕事に集中しづらくなった

周りを気にせずに自分の仕事に集中する」事は難しそう。
かといって、実務が軽減されるわけでは無いから、今まで通りアウトプットは維持して行く。

「心身ともに上手に使って、疲れすぎないようにして全体を見ながら自分の仕事もこなす」事が最優先だと思う。

他の人を抜いた事に関して

「課長補佐的な仕事を先輩に替わって自分がやる」のではなく、
チームとして誰も手がつけられていなかった事を率先してやるようにする」

これで「チーム全体の出来高を上げたい」と思った。

全部が全部そうはいかないから、仕事内容を入れ替える所は出てくるけど
そこは上司と先輩と相談しながら入れ替えればいい。

「抜いた」事を自分が変に気負う方がおかしなことになりそうだし、
先輩だって昇進よりも仕事や業務・利益を上げようと考える人達だから
お互いを尊重しつつ、自分にやれる事を新たに考えていった方が良いと思う

スタンス

物事の考え方が変わってきた

  • 自分の仕事ではなく、チームとして何を達成するか
  • より丁寧に、迅速に仕事をしようと思った
  • メールとかも増えるから、自分の仕事に集中する時間が減った
  • 他の人に仕事を頼むとき「これをやって欲しい」ではなく「こう言う結果に結びつけて欲しい」伝えるようになった
  • その日に終われる仕事を溜めず、身軽でいること(平常心とリラックスを維持したい)

色々考えすぎても、一気に全部変える事はできないし、馴染むまで時間は掛かると思うけど
今後のスタンスはイメージできていないから、思考の明確化・整理はやって行こうと思う。

一番困ったのはリーダーシップ

もともとガツガツ前に出るタイプでは無いから、「盛り上げる」、「リードする」のは苦手

だけど、変に何かを変えようとしたり、人とぶつかり合ってもゴールには到達できない。

基本的なスタンスがマッチしてないからうまくいかないと思う。

チームや全体を「守る、支えるスタンス」で行こう

静かなる闘志も確かな意思。

安全衛生、利益、職場の雰囲気、これを守る、支えるためには
自主的に、前もって、後始末も、動く必要が多々ある。

このスタンスなら自分を無理に変える必要が無いから、やりやすい。

前に出つつ先陣を切るけど、ぶつかり合うのではなく、全体の動きを円滑にして
パフォーマンスを引き出してみよう。

小さな流れでも一つに集めれば大きな流れに、していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です